佐藤智子の書く般若心経

 

佐藤智子の書く般若心経

 

般若心経を書くようになったのは10年前に起こった事故がキッカケなのです。
同い年でお互いにSAJ公認デモンストレーターを経験したスキー仲間の【出口沖彦】氏
彼が子供達を連れてオーストリアへスキートレーニングに行った際に遭遇してしまった
悲惨な列車火災事故です。
その前にも悲しい出来事が重なった頃なのです。

「般若心経を書くと心の辛さが少しずつ癒されるよ」と聞き、書き始めたのです。
悲しみ、苦しみ、辛さや痛み、
これらが、般若心経を書くことにより、少しずつ和らいだのです。

それ以来、毎日書くようになりました。
手帳にペン字で書く般若心経が毎日の日課となっています。
時々、筆字でも書きます。

「般若心経は、お釈迦様、故人、現生の人をつなぐ唯一の手紙」
と思っています。
お釈迦様へ感謝の気持ちを表せる唯一
故人の安らかな眠りを祈る唯一、
そして、自分自身の穏やかな気持ちでいられるように願える唯一
そういう気持ちを般若心経から預ける事ができるのです。
そんな風に思って私は書いています。



毎日書く般若心経



2010年9月13日 書



雅印
[智子]と[玉綫(ぎょくせん)]



【般若心経】
書いて郵送させて頂きます
ハガキサイズの用紙に黒ペン字で書いた般若心経です
(ご希望に応じて筆字でも書かせて頂きます)


ご希望の方はご連絡をお願い致します

郵便切手代金82円切手をお送り頂くことになります。

・佐藤智子電話:09071933136



力あわせよう・ニッポン




さとうともこホームページ